前歯・出っ歯の矯正

お子さんの前歯が
出っ歯になる原因について

お子さんが出っ歯になる原因は、遺伝による要因、つばを飲む時に舌が前歯を突き出す癖(舌癖:ぜつへき)、鼻炎(鼻づまり、アレルギー)により鼻呼吸ができず口呼吸になっている事などが考えられます。

  • 遺伝による要因 ・・・顎(あご)自体の問題
  • 舌癖(ぜつへき) ・・・舌が裏側から歯を押す癖
  • 口呼吸 ・・・口呼吸では常に口が開いているので、舌が上顎に密着していないので、上顎の成長が遅れ、歯の並ぶスペースが無くなり、前歯が突出します。また、全体に歯がガタガタ(乱ぐい歯)になったりします。

治療時期と治療内容について

7歳頃(1期治療)で、前歯4本が永久歯に生え変わったタイミングが最適です。治療内容としては、前歯が突出している原因を正確に診断して、顎(あご)の成長をコントロールします。

子供の頃に治療しないとどうなる?

大人になってからも出っ歯の矯正治療を行うことは可能です。ただ、顎(あご)の成長が終わっているので、歯をきれいに並べるスペースが確保できないので、抜歯を行う必要があります。

治療中に改善が必要な
習慣・癖・疾患について

出っ歯の原因となる口呼吸、舌の癖、咬む習慣を改善していく必要があります。1期治療中にこれらの改善を行うための指導も行っていきます。治療中に改善ができ、永久歯が問題なく生えそろえば治療は終了となります。

治療費について

当院では、1期治療⇒2期治療を行った場合と2期治療から行った場合の矯正の治療費用総額は変わりません。それは、当院の院長の方針で、できるだけ早期に治療を行い、最適な治療を皆さんに受けていただきたいと考えているからです。

小児矯正のまとめ

0期治療(5歳~7歳)受け口の症例を治療⇒顎(あご)の前後のずれを矯正する
1期治療(7歳~12歳)顎(あご)の大きさ・左右のずれ、歯並びを悪くする習慣の改善
2期治療(13歳~)大人の矯正と同様。歯並び・咬み合せと歯並びを悪くする習慣の改善

フリーダイヤル0120-411-402 初診予約 (無料)